ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 吉山安彦さん 青のシャツ | main |
2015.08.24 Monday

大西一史さん オフのシャツ





市長とは、
何とまぁ忙しい職業であろうか。





2014年から熊本市の顔となった
大西一史さん。

その熊本市長から
シャツをいただくことになりました。



いただけると決まった日から
今日か明日かと
市長の動向をチェックしてきました。
お会いして、シャツをいただき
お話を聞こうと思っていたのです。

しかし、
「今日は無理だな」「明日も無理だ」
「明後日も、、、」と
熊本市のHPには
無理そうなスケジュールが延々と続きます。
常にONの状態です。

ローカルニュースを見ていても
市長はレギュラーのように出演。
良くも悪くも話題の中心にいるようですね。

ブログは今年の新年のあいさつのままだし
FBは市長就任のあいさつ止まり。
あーぁ。

メールをチェックする暇もないようで
返信は忘れたころにやってくる。
公務ではないので、当然ですけど、、、

一体どうなるのだろう、、、、
と若干不安に思っていたその時です!!!!!!!

市長からメールが届き、
間髪入れず、秘書のM氏から電話が。
待ってましたっ!!!!



あまりのご多忙で、
直接お会いすることは叶いませんでしたが
約束通りシャツをいただくことができました。

それは何と、真っ赤で総柄、派手めのシャツ。
麻素材で着心地良さそう。





これは、大西さんのもう一つの顔とも言える
ドラマーとしてのステージ衣裳。
(派手、だと思ったのですが、
ステージ衣裳ならもっとすごいのがあるとか。
市長のクローゼット、一度覗いてみたいものです)

ドラムがお得意だとは知っていたのですが、
得意どころか、実はプロのミュージシャンとして
東京で活動されていたのです。
しかも学生時代。

ご自分のバンド、というより
プロのバックミュージシャンをされていたとか。
真に巧くないとできない仕事ですよね。



しかし、市長曰く

精神的にプロだったわけではないんですよね。
自分自身ではギャラはもらっていても、
「この道一筋に生きていくんだ」という覚悟がなかった。
なので、「プロを目指して活動をしていた時期がある」
と、修正してくれ。

と。

しましたとも、メールのコピペで。
市長の要望とは少し違うカタチですがご勘弁ください。

なので、
多くのミュージシャンはもちろん
音楽関係の知り合いも多いのです。
これが熊本市政に反映されることを
心から願う次第であります。

ジャンルを問わず、
海外のミュージシャンが
熊本で見られる日が来ればいいのですが。
程よいサイズのホールが必要ですね。

さてさて、
約束を守る男・大西一史のシャツ。
素晴らしい作品に仕上げることを
作者に代わって公約します。

そして、できることならば
大西市長に休日を。
いい仕事をするには
オフの時間も必要ですから。


元のページに戻る(人名リストに戻ります)

※ちなみに2015年の夏休みはとれたようです。
 よかったですね。
 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album