ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 細川亜衣さん 職人気質なシャツ | main | 杉野桂子さん ひと工夫のシャツ >>
2015.05.14 Thursday

上妻利弘さん 天然のシャツ


何もない所から削り出すのは、
抽象的で有機的で、
何とも不思議な木のアート。

木彫家・上妻利弘さんの作る作品は
角丸で温かいが、繊細な攻撃性も感じる。

見た目はフツーのおじさん。
しゃべると「あれれ???」天然か。

初対面の時は作品とのギャップに驚かされました。

その時見た作品は、こんな感じ。
一気にファンになりました。
2013年、坂本善三美術館での展示です。



そんな上妻さんにシャツをいただくことに。

お話をうかがったのは
上妻さんの奥様・貴子さんと
お嬢さんの野乃花(ののか)さん。

上妻作品を見ることのできる和水町のカフェ
KINONでお会いすることができました。

ずいぶんと可愛らしいシャツ。
フランスの田舎で買われたものだそうです。
永く着られたようで
くたくたに愛されたシャツ。

まずは、
野乃花さんにシャツを持ってもらいパチリ。



どんなお父さんですか?
「面倒くさいですね」

やっぱり(笑)。

農家のご子息として生まれた上妻利弘さん。
高校も農業系で就職経験はなし。
芸術的な面はすべて独学。
もちろん師匠もなし。
デコイに魅せられて
バードカービングを始めたのがきっかけだったとか。

ただひたすら我が道を行き、
ここまで昇華されるとはすごい。
才能です。

和水町の自然が育んだ
ナチュラルボーンなアーティスト。
海外で高い評価を受けるのも納得です。



KINONの店内はこんな感じ。
カフェスペースだけじゃなく
貴子さんが選び抜いた雑貨も見もの。



キッチンでは野乃花さんが腕を振るいます。
若いシェフのひらめきに感動。



おしゃれです。美味しいです。
将来が楽しみです。

熊本市内から1時間ほどのドライブ。
和水町の肥後民家村の中にあるKINON。
畳のスペースがある古民家は小さなお子様連れもOK。
くつろげます。

南門から入ればすぐ。



運が良ければ
シャツの主に会えるかもしれません。



元のページに戻る(人名リストに戻ります)
 
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album