ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 大畑憲一 父の日のシャツ | main | 上妻利弘さん 天然のシャツ >>
2015.03.04 Wednesday

細川亜衣さん 職人気質なシャツ


なんて独創的で、自由きままで、
洒落た料理を作る人なんだろう。

こんな人が熊本にいるって、
なんか嬉しい。

そう思っていました。

料理家の細川亜衣さん。




大学卒業後イタリアへ渡り、
各地を旅しながら料理を学ぶ。

帰国後、
東京を拠点に料理家として活動を続け、
結婚を機に熊本に移住。
熊本で料理教室「camellia」を主宰。
著書多数。

夫は陶芸家の細川護光さん。
義理のお父様は細川護煕さん。

すごい家に嫁いだ、
ワンダフルな女性です。

いただいたのは
泰勝寺の梅が咲き誇る3月某日。



用意されていたのは、
ピンタックが美しいアンティークのシャツ。


男物でかなり大きめサイズ。
袖を七分か八分くらいに短くリメイクして
料理する時の
作業用として愛用されたとか、、、


フロントはもちろん、



袖口にもピンタック。



背中にも左右にちょっとしたピンタック。



麗しい職人技が、たまりません。
料理にこだわり尽くす亜衣さんらしい一枚。
そもそもこれを、
どんな人が着ていたのか?
あれこれ想像するのも楽しいです。

しかし、やはりアンティーク。
生地は思ったよりダメージを受けていたのか
早々に破れてしまったそうです。
残念。

作品として生まれ変わるアンティークのシャツ。
どうぞ、お楽しみに。

元のページに戻る(人名リストに戻ります)
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album