ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 吉木紀之さん 個を映すシャツ | main | 村上哲さん ロックなシャツ >>
2014.04.02 Wednesday

石牟礼道子さん 信念のシャツ


2014年3月、
熊本市で上映された映画がありました。

「花の億土へ」

その主演が、作家であり詩人である
石牟礼道子さんでした。



著作『苦海浄土』をはじめとして
水俣病闘争のシンボルともいえる石牟礼さん。
ひとりの文学者としても特別なオーラを放つ
美しい女性です。

その石牟礼さんから
人を介してシャツをいただくことができました。
シャツというか、ワンピース。

しかも、手作り。
洋裁がお得意で、シャツやワンピースなど
自分で作られるとのこと。ちょっと意外です。

それが、これ。


ディティールまで、こだわりが感じられます。
キレイな仕上げ。


その自作のお洋服を着て、
厚生省やチッソ本社前で座り込みをされていたのです
とてもお洒落な、戦闘服。

その様子を、
東京在住の写真家
宮本成美(しげみ)さんが撮影していました。
これは、1970年5月25日、
厚生省前での「水俣病補償処理委員会の回答阻止」座り込みのワンシーン。


photo : Shigemi Miyamoto ©

仁王立ちで、みんなの先頭に立つ石牟礼さん。
ジャンヌ・ダルクのよう。いい写真です。



今、
石牟礼さんはパーキンソン病を患っているとのこと。
しかし、その意欲は衰える事無く
闘病と執筆の毎日なのだそうです。

石牟礼さんが熊本に生まれたことを
誇りに思います。尊敬します。

ワンピース、ありがとうございます。
きっと、展覧会の目玉になるでしょう。

仲介してくれた石牟礼さんの番記者Nさん、
ありがとうございます。

元のページに戻る(人名リストに戻ります)
コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album